かいご畑は介護専門の求人サイトですが、そもそも「介護とは何か」について深く考える必要があります。

介護とは何か?

介護とは高齢による身体、精神の衰えによる不具合についての生活支援をするお仕事です。

もちろん、高齢だけではなく、それらの障害を持っている方の生活を快適にするための補助を行う仕事といえます。

老人ホーム等に勤務することによってだけではなく、自宅訪問などいろいろな形の介護があります。

いずれにせよ、入浴、食事、そして排泄の解除がメインとなってくると思います。

昔は家族が親の老後の面倒を見る役割がありましたが、現代は核家族が定着し、年をとったら、他人に面倒を見てもらうことが当たり前の時代になってきました。

他人でありつつも、本当の家族のように老人に接する必要があります。介護職につく人に求められるのは、実質的介護は勿論、その方に寄り添った、温かく優しい気持ちを持った人柄です。

介護職は、人と接することができる。

また将来的にも介護者の人手が必要なため、生涯の仕事にできるというメリットがあります。

しかし精神的、体力的に疲労するのに見合った収入が得られません。

「自分にとって何が大切なのか」ということを考えたうえで、仕事を選択することが前提となってきます。

介護のメリットとデメリット

介護のメリットは、人の生活をお手伝いすることによって、独りでやる仕事より、人と接する機会があることです。

老人や障害者のお話を聞いたりすることも頻繁にあるでしょう。

また、老人や障害者だけでなく、周りのスタッフと仕事を通じて会話をしたりすることができます。

高齢化社会が進む中、この仕事は需要がどんどん高くなってきています。

ここ当面、介護の仕事が途絶えることはないでしょうし、欲張らなければ安定した収入源になるはずです。

これらは介護の大きなメリットといえるでしょう。

しかしながら介護は大変で、目立つのはむしろデメリットの方です。

まず高齢者や身体障害者の入浴、食事、トイレのお世話をするというのは華やかな仕事内容とは言えません。

高齢者の入浴に限って言えば、年老いた裸体を目の当たりにし、弱った皮膚をいたわりながら清潔を保つといった内容です。

そこには、やはりかなりの体力と気力が必要です。

なぜなら、お年寄りの全体重が体にのしかかってくるので、それを支えなければお湯の中に運べません。

また食事は専門の方が用意してくれる訳ですが、食べるお手伝いをすることも介護の仕事です。

料理、フォークとナイフ、またはお箸、テーブルクロス、そして、飲み物を用意するといった内容です。

のどにつまらせてはいけない等、命を預かる部分もあります。

排泄については体を動かせない人もいますので、床ずれ等に注意しながら、おもつを交換したりします。

例えば、寝たきりの方を介抱する場合には車椅子を押し、車椅子から運んで移動させないと入浴やトイレはできません。

これらは介護職の大変なところと言えるでしょう。